自分で脱毛する様々な方法

自分でできる脱毛法はどんなものがある?

脱毛方法といえば、脱毛サロンや医療機関での脱毛が有名ですが、いずれもかなりのまとまった金額が必要になるので、少しためらってしまう人も多いのではないでしょうか。

もしも自分で脱毛が可能ならば、出かける手間もかかりませんし、他人に自分の身体を見られるという恥ずかしい思いもしなくてすみます。しかも、金額の負担も軽くてすむかもしれません。

自分でできる脱毛方法は、剃刀による剃毛、電気シェーバーで剃る方法、ブラジアリアンワックスなどによる毛をベリッと剥がす方法、除毛クリームで毛を溶かす方法、抑毛クリームや石鹸で毛を生えにくくする方法、家庭用脱毛機による脱毛など、様々な方法があります。

ただし、剃刀はドラッグストアや100均でも手軽に手に入れることができますが、肌を傷めてしまう危険が高いなど、どの方法にもメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法を見極める必要がありそうです。

自己脱毛方法のメリットデメリットを見極めよう

剃刀や電気シェーバーの場合、費用をかけずに簡単にできる反面、しょっちゅう自己処理する必要があります。ワックスや除毛クリームの場合も同様にすぐに生えてきます。ワックスの場合はそれに加えて処置の際の痛みが気になる人もいるでしょうし、除毛クリームの場合は、肌に負担をかけるため、処置できない部位もあります。

抑毛クリームや石鹸の場合、使用している間は毛が薄くなった感じがありますが、使用を止めればすぐに元に戻ってしまいます。家庭用脱毛機の場合は初期費用はそれなりにかかるものの、根気よく使い続ければ、毛が生えてくるサイクルがだんだんゆっくりになって来ます。トータルでみるとコスパの良い方法と言えそうです。

コスパを重視するか、日頃の手間を気にしないか、痛みや使用感を気にするかで、求める正解の脱毛方法は変わってきそうです。自分が何を重視したいのかをよく考えて、自分にとって最適の脱毛方法を探してみてください。

© Copyright Hair Loss Products. All Rights Reserved.